×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冬道を歩くために作られた靴

冬に大活躍してくれるスノーブーツは、名前の通リ冬道を歩くために作られた靴です。スノーブーツは冬に履くためのブーツや靴のことを言います。ブーツと聞くと皮製品を想像するのは人が多いようですが、長靴(タレントのお宅拝見などでは、ショップみたいに並んでいることがよくありますね)もブーツと分類(ある意味、今までの研究の成果ともいえるでしょう)されるのですので、冬用の長靴(オシャレな人は足元にこだわっていることが多いそうですよ)もブーツと言う事ですね。

スノーブーツは冬に履くことを考えて誕生した靴ですから、冬に利用しやすいよう様々な特徴を持って作られているのです。春や夏に履く靴(自分の足に合ったものを履かないと、外反母趾などになる恐れがあります)との一番の大きな違いは暖かさです。寒さは足元から感じます。寒い季節でも快適に歩けるように、足を冷やさないという事を考えて作られているのです。

スノーブーツは足首までしっかりと覆ってくれますし、靴(オシャレな人は足元にこだわっていることが多いそうですよ)の内側には保温性の高いボア素材が使われていますので、しっかりと足を暖めてくれます。そして暖かいというだけではなく、安全に冬道を歩けるようにと、滑りにくい加工もなされています。

スノーブーツは靴(ABCマートでは、大きめのサイズから試着させるそうです。その方が買われやすくなるのだとか)の底が厚めに作られています。靴(ABCマートでは、大きめのサイズから試着させるそうです。その方が買われやすくなるのだとか)底を厚めにして地面に接する部分にデコボコを作っています。このデコボコした部分がタイヤのようになり、地面と密着して滑りにくくなるはずです。歩き方に注意して歩けば、スノーブーツを履いていれば転ぶ回数も減りますし安心して外出することが出来るようになるんです。